ビジネスマナー 名刺の出し方、受け取り方

ビジネスでは、基本的な挨拶と名刺交換から始まります。挨拶と名刺交換で第一印象が決まると言っても過言ではありませんので決して失礼のないように心かけしましょう。

スポンサードリンク

名刺の出し方は、最初に訪問した者や地位が低い者が先に出します。もし、相手に先に出されてしまった場合は、場合により「申し送れましたが・・」と一言添えて出しましょう。

名刺を出す際には、座ったまま出すのではなく、必ず立ちがって名刺を出します。地位の低い者から名刺を渡し、受け取った相手が読める向きで出し、自分の名刺は片手で出します。しかし、相手の名刺は両手で受け取ります。

ここで、自分の名刺は片手、と書きましたが、両手で、という考え方もありますが、私の場合は、自分の名刺は片手で出しています。相手の名刺の方を立てている、という考え方ですが、これは判断をお任せしますが、両手で出せば間違いはないでしょう。

受け取る時には両手で受け取りますが、その時に難しい名前の読み方を質問することは決して失礼にあたりませんので安心してください。相手の名刺は、話が終わるまで決してしまわずに、自分の「名刺入れの上」に置いたままにしておきます。

スポンサードリンク

名刺は顔です。シミなどが付いて汚れていたり、折れていたりしないようにすることは、印象を良くするために当然のことです。名刺入れも見られますので、派手な柄のものは避け、感じの良い名刺入れを使いましょう。

良くある事ですが、訪問先などで相手方が大人数だったりする場合があり、思いがけずに名刺が足りなくなることがあります。この様な場合は、「あいにく名刺を切らせてしまいまして」と必ず相手にお詫びをし、相手の名刺を受け取ったら、こちらもしっかりと挨拶しましょう。

名刺を切らして渡せなかった方は、メモなどして覚えておき、次回、再訪問した時などに自分の名刺を挨拶と共に差し出せば非常に良いでしょう。古くなった名刺でも、いつか役立つ時もあるかも知れませんので、しっかり整理しておくと共に、本当に不要になった名刺は個人情報の問題等もありますのでシュレッダーで処分しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ビジネスマナー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/bijinesumana/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。