ビジネスマナー 正しい敬語の使い方(丁寧語、謙譲語、尊敬語)

私たちは生きている限り、ビジネスに限らず人と接する場合にはマナーはついてまわります。
大切なお客様や取引先と接する時に、相手へ尊重の意味をこめ敬語を使います。

スポンサードリンク

一方で、正しい日本語の敬語は意外と複雑です。例えばお例では、「どうぞお召し上がりなさって下さい」。この場合、「食べる」の尊敬語が、「召し上がる」に「お・・・になる」を合わせたものになり、間違った使い方です。

正解は「どうぞ召し上がって下さい」になります。他にも、「尊敬語」と「謙譲語」が混ざった場合の例では、「あなたが今申されたように・・・」等、正しくない敬語が使われている事がよくあります。

私たちは正しい敬語を使う為には、最初に敬語の種類を覚える必要があります。敬語の種類には、丁寧語、謙譲語、尊敬語の3種類があります。義務教育では教えてくれなかった、この3種類の言葉を正しく使い分ける必要があるのです。

スポンサードリンク

丁寧語は語尾に、「です」「ます」「であります」をつけたり、接頭語には「お」「ご」をつけたりするものをいいます。謙譲語は、日本独特ですが自分を低めることで、相手に敬意をあらわすものです。

尊敬語は、相手や第三者の尊敬し気分を高めたり、敬意を払う言葉になります。「ご覧になる」「おっしゃる」「召し上がる」など、この3つを覚えましたら、あなたが今まで使っていた敬語が正しかったのか、それとも間違っていたのかが分かってくると思います。

多くの方が敬語の使い方を間違っている場合が多いのですが、2つのことを理解すれば解決します。それは、「尊敬語」と「謙譲語」を正しく使い分けることです。正しい使い方の答えはシンプルなのです。

学校を出て新入社員の方は、今まで使い慣れてきた友達同士等の会話言葉に慣れていて、最初は戸惑ってしまうことも多いですが、知識を得たら、あとは経験を積み重ねるのみで解決します。必要なのは「知識」と経験」。それのみです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ビジネスマナー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/bijinesumana/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。