英検・準含む、英検一級・英検 二級・英検三級・工業英検・児童英検・国連英検・toeicと英検の比較など。英検の合否は一番気になりますが、英検の解答速報でわかりますね。その他、英検準一級や、二級、二次の面接対策や試験対策など取り上げていきます。他、英検二級の合格点など・・・

スポンサードリンク

英検・国連英検・英検一級・英検 二級・英検三級・工業英検・児童 英検・英検合否などの話題

英検(実用英語技能検定)は小学生から成人まで幅ひろい年代層が関心をもっています。英語の検定試験については、現在国内では「TOEIC」「TOEFL」「英検」が三大検定試験になっています。

「TOEIC」は、英語力を測る試験でアメリカのETSが開発したテストです。また、「TOEIC」は名前に「for international Communivcation」が入っておりまして、コミュニケーションの英語力を測るものです。

そして「TOEFL」は、北米の大学への留学希望者対象の英語の測定です。それに対し、「英検」は国内での検定であるために英語・日本語間の通訳の応用力、及び翻訳能力に対する部分が含まれています。このことから、英検一級は高い語彙力が要求されています。

英検の意義と勉強法・試験対策ですが、最近はお子様が小学生など、児童のうちから勉強する子もいますが、当然これらのことを考慮に入れておく必要があります。英検の意義と勉強法・試験・面接対策ですが、英語と日本語における、通訳や翻訳の能力が求められる訳ですから、同時に、より深い日本語の勉強も必要になるわけです。

ですから、日本語にも対応する必要がある英検では、高校や大学時代に取得する人も多いのです。「TOEIC」「TOEFL」は、英語としてのコミュニケーション、及び文書や論文対応が出来るかどうかの解答が問われますが、英検の意義と勉強法、試験対策には日本語の翻訳なども求められますので、当然、日本語の語彙力も求められます。

英検の1級試験は、「語彙試験だ」と昔から言われる所以でもありますよね。過去の出題問題なども良く勉強しましょう。また、セミナー等に行っても良いですね。ネットの掲示板などでも色々情報が書かれていますよ。英検の意義と勉強法、そして試験対策、合格する為には日本語の基本、単語なども含め充分に勉強、そして理解する必要があります。
英検は受けることはいつでもできますよね。しかし、日本語への対応もありますから、学生時代など早い時期に対応することがよい良い結果となります。将来の英検の合否の分かれ道にもなってきますから・・・。

子育て中の方では、お子様を育てる時に、「あれ」「これ」とか言わず、必ず「名詞」で言い、言葉の語彙を増やしていってあげる必要があります。また、子供さんが幼いときにも、「幼児言葉」を、真似して親御さんは言わないことが必要です。それは何故かと言いますと、幼児の場合は、幼児語で言っているわけではないのです。一生懸命、正しい発音をしようとしているのです。ですから、幼児語を親が真似する方もいらっしゃいますが、注意が必要ですよね。日本語の語彙も多い、レベルの高いお子様に育てましょうね。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

英検三級~一級準一級:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/eikennsannkyuu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。