トーイック(TOEIC)と英語検定の比較

TOEIC英検は、英語検定の2大試験となっています。それだけに、その比較が気になる方も多いようです。

スポンサードリンク

TOEICとは、日常的コミュニケーションおよび簡単なビジネス業務が行えるかを確認する、いわば実務的な英語の検定試験であり、英検はTOEICからビジネス関係の部分を除き、英語独特の言い回しやイディオムを加えてより幅広い英語力をみる英語の検定試験です。

ちなみにTOEICを「トーイック」「トイック」「トエック」「トーエック」「などと色々と読む方もいますが、正しい読み方、発音はは、「トーイック」になります。TOEIC(トーイック)は国際コミュニケーション英語能力テストのことです。私たち日本人のように「英語を母語としない者を対象」とし、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。

それでは、TOEICと英検の比較を、以下クラス別に行います。まず英検とTOEICの比較ですが、英検2級では、英検2級のレベルは比較的に低く、正確に英語が読めずにブロークンな英語の読み書きしか出来なくても英検2級には合格してしまう場合があります。TOEICのスコアとのバラツキが大きいようです。次にTOEICと英検の比較です。

スポンサードリンク

英検が準1級となりますと、英検準1級の方がTOEICより難しくなります。これは意外と知らない方も多いようです。TOEICでは、スタンダードな言葉しか使いませんが英検準1級ではイディオムな使い方も含まれるために、TOEICで700点レベルでないと英検準1級の合格は難しいといわれています。

さらにTOEICと英検の比較ですが、英検1級となりますと、英検1級の方がかなり試験が難しくなっているのが現状です。

TOEICと英検の比較では、TOEICで対象とならないような語彙までが英検1級では要求される為に、英検1級ではTIMES誌などのカバーが辞書無しでほぼ読めるようなレベル、と想定されている為、トーイックでは対象とされないような語彙や教養まで要求されています。

TOEICのスコアが900点以上の場合は、英検1級の合格ライン率が70%程度ではないかと言われています。なにより、一度、試験にチャレンジしてみましょう。結果が楽しみですよね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

英検三級~一級準一級:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/eikennsannkyuu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。