工業英検

工業英検とは、現在工業界で使われる工業英語
「正しい理解と普及」を目的に、工業英語に関する英語の検定試験として行われています。

スポンサードリンク

工業英語に当たる英語は、「Technical Writing in English」または「Technical Communication in English」となりますが、科学技術情報を対象としている読者に合ったレベルで
正確にわかりやすく伝えることを目的としています。

工業英語は一般英語と異なりまして、読み手が色々な解釈をしないように、はっきりと事実を示し表現し伝えることが目的です。工業英検の試験内容は、1級から4級まであります。1級は、工業英語の専門家としての実務能力を持つ者として認定されます。工業英検1級の試験出題内容は、筆記試験リスニングテストの2つになります。

2級は、「実務経験者を標準として工業英語全般の知識を有する者」とされており、全問記述式の筆記試験のみとなりますので面接試験などはありません。

スポンサードリンク

3級は、大学専門課程や工業専門高校上級などの工業英語の応用知識を持つ者とされ全問マークシート式の筆記試験のみとなります。マークシート式の回答の時の注意点としましては、なるべく濃い鉛筆を準備することです。

4級の試験は、「工業高校・工業専門学校程度の工業英語の基礎知識を有する者」となりまして、3級と同じく、全問がマークシート式の筆記試験のみとなります。これも面接試験などはありません。

工業英検は工業英語の知識を「客観的に評価」する制度でありまして、文部科学省の後援試験となっています。工業英語は、単に知識のみでなく契約や広告などにも使われる専門的な英語で、
専門的知識が必要であると共に、それらの知識が合否の結果につながってきます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

英検三級~一級準一級:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/eikennsannkyuu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。