贈り物(おくりもの)はもらって嬉しいものです。しかし、ギフト(プレゼント)には注意が必要です。やはり、相手に一生忘れられない記念になる贈り物を贈りたいものです。この、わすれられない贈り物が非常に大切です。出産の時も、また、見舞いの時も、色々な注意が必要です。最近はブリザードフラワーや自然食品を送る方も多いようですね。手作り品などもとても良い贈り物です。是非、わすれられない贈り物(プレゼント)をしましょうね。

スポンサードリンク

わすれられないギフト贈り物と最高の選び方

ギフト(贈り物)を贈る際に喜ばれる絶対に守るべき注意点とわすれられないおくりものギフト(Gift)とは、英語で贈り物(おくりもの)という意味です。プレゼントですね。

日本では、結婚(ブライダル)祝い・ウエディング・結婚記念日・出産祝い・誕生日・卒業・定年退職・転勤・送別会・見舞い・快気祝い・入学祝・就職祝・新築祝・還暦祝・長寿祝・金婚式、銀婚式・敬老の日、米寿・母の日、父の日、お中元お歳暮、バレンタイン、ホワイトデー・夏日などに、贈り物を贈る風習があります。また、旅先から送る方もいらっしゃいますね。

ギフト(贈り物)の目的は、贈る行為を通して「気持ち」や「心づかい」を伝えることにより、相手に喜んでもらうことです。ですから、喜ばれるギフト(贈り物)を送る必要があります。時と場合により、それは「花」であったり「物」であったりするわけです。

ギフト(贈り物)を贈る上での作法・様式等のマナーについて、その常識と正しい知識を身に付けた上で、相手の方に喜んでいただける方法を考えることが大切です。ギフト(贈り物)には日本では長年をかけて作られてきたマナーがあります。

ギフト(贈り物)に関する基本的な注意点としましては、
①贈る時期を外さない 。
②相手が困るほど高価なものを贈らない 。
③嗜好性の高いものはギフト品として適さない 。
④四(死)九(苦)の数字がつくものをはじめ、悪いことを連想させるものは贈らない。
⑤ 返礼の品は一般的には贈られた品物より高価なものを返さない 。
⑥ギフト(贈り物)に付けるのしの種類を間違えない 等です。

具体的に、たとえば結婚祝のギフト(贈り物)を贈る際の注意点としては、他の人の贈り物と重なっても無駄にならない、「いくつあってもいい」ような実用品や消耗品を贈ることが大切です。生活必需品とまではいかなくても、あれば便利な道具や小物類を贈ります。あまり実用的ではないけれど、もらうとうれしいブランド品の小物を贈ります。

観葉植物など、どんな部屋にでも合うシンプルなインテリア用品を贈る。結婚祝いの贈り物を選ぶ場合、相手と親しいなら、前もって予算を知らせて、その範囲内で欲しいものを聞くと、確実に喜んでもらえますね。また、カタログなどから選んでもらっても良いでしょう。

恩師などの先生への贈り物は、手作りのものも愛情があって非常に良いですよね。中には聖母などの贈り物をする方もいますが、相手の宗教等も考えましょうね。相手に忘れられない最大の贈り物は、やはり手作り品と、プレゼントする時の演出でしょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

忘れられないギフト贈り物と最高の選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/gifutookurimono/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。