ゴルフスイングの正しいの練習法

ゴルフの基本であるスイングの練習法について紹介します。どんなことでも基本が大切です。

スポンサードリンク

アプローチ(※注:100ヤード以内のショットのこと。アプローチは距離を測ってピンに近い地点、 またはパターをやりやすい地点を狙うもの)でのゴルフスイングの基本をを習得するための練習法としまして、まず始めに左脇にタオルを挟んでボールを打ってみましょう。
小手先でのアプローチショットであれば、左脇が開いてタオルが落ちてしまいますのでわかります。今、すぐやってみてくださいね。

バックスイングインサイド(ゴルフスイングの軌道)に引きますと、左脇が開いてしまうのでタオルが落ちてしまうのです。また、フィニッュの動作で左脇が開きますと、クラブの方向性にバラツキが生じまして、その結果、ボールの方向性も安定しなくなります。

もし、左脇のタオルを落とさないようにクラブを振ることが出来れば、身体と腕が連動して動いている、ということになります。どうでしょうか?やってみましたでしょうか?

スポンサードリンク

小さなゴルフスイングでも身体と腕を連動させることができれば、方向性と距離感は確実に良くなることがわかっています。

もし、あなたがダフリが多いのでしたら、ボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールのみをクリーンに打つ練習をしてみましょうね。ティーアップされたボールを5番アイアンから7番アイアンで打ちます。ボールをクリーンに打ちませんと、クラブヘッドにティーが当たった鈍い音がします。ボールがフェースの中心にクリーンにヒットすれば鈍い音は聞こえないはずです。また、その場合は、ボールの弾道が大変、力強いものになります。

あなたが良く行く練習場でも、左右のどちらかの足を、ボールを入れるかごの上にのせてみてゴルフスイングの練習をしてみましょう。かごの上に足を乗せてゴルフスイングをすることによる利点は、スイングの軌道を修正することができるのです。誰も見ていない時にしても良いですよね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ゴルフスイング:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/gorufusuinngu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。