ゴルフスイングの基本動作

ゴルフスイング理論(基本)についてこの章では説明します。 アマチュアゴルファーにとっては、シングルプレイヤーは憧れの的ですよね。

スポンサードリンク

よく陥りやすいのですが、プロゴルファーがインパクト直前でコックをために、すばやく腰で切る連続写真がありますよね。しかし、アマチュアがそれを模倣してスイングしますと、良いスイングは作れないのです。

現在では、本や教材、DVD、ビデオなど含め、まして数あるゴルフスイングの理論ですが、この章では、アマチュアのゴルフスイングの理論を一つ以下に紹介しますね。まず始めに、クラブシャフトの動き、イコール、「コック」は、常に両腕の中で動かすのが基本です。プロゴルファーのダウンスイングやインパクトの写真のイメージを持たないようにしましょう。

次に、スタンスですが、背筋を伸ばしまして、やや立ち気味で、下目使いでセットします。丸まった背中では、当然良いスイングは出来ないのはご存じの通りです。うまくスイング出来ない人は、一度セット後に、いったん背筋を伸ばして立ち、そのまま腰を折れば良いでしょう。

スポンサードリンク

スイングの軸であります、背中(背骨)を意識することが非常に大切です。テイクバックは、腕で上げるのではありません。背骨を軸としまして肩(上半身)の回転で行います。
この時に、左肩が落ちないよう、水平気味のイメージで回すほうが良いです。
出来ましたでしょうか?

トップにおいては、右下半身がスウェーしないように、右足土踏まずの内側、下肢の内側の筋肉に力を入れて緊張を持たせます。そして上半身の捻りを受け止めます。ちなみにスウェーとは、テークバックの時に、右ひざが右足より外側に動くことによりまして右腰が伸び上がってしまうことです。

この時ですが、左肩は飛方向より後方である右に移動し(右利きの場合)、ボールを左気味に見ることとなりますが、よろしいでしょうか?インパクトからフォロースルーでもクラブシャフトは両腕の中で縦に返ります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ゴルフスイング:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/gorufusuinngu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。