留守番で大事なこと

子犬の時は特に誰しも、
「犬だけにするのはかわいそう」と思いがちですが、
時々、留守番を経験させてみましょう。

スポンサードリンク

通常犬は、群れを作り生活する動物ですので、猫に比べて一人でいるのを寂しがりますが、
半日や一日の留守番をさせることができないようでは困りますよね。

しかし、待っていれば、必ず帰ってくるということが分かっていますと、
犬は不安も少なく、待つことができる動物です。

常に飼い主がそばにいて犬に構いすぎてしまいますと、
留守番するなど非日常なことが起こった時に犬はその落差に愕然とすることになるのです。

独りぼっちで時間を不安に思いながら過ごさなくてはならないからですね。

そうならない為にも、あなたの愛犬を飼い始めた時から、
少しずつでも独りでいることに慣れさせる練習を繰り返す必要があるのです。

あなたが外に出かける直前には、
明るく声をかけ、慣れるまでは外出は短時間にしましょうね。

スポンサードリンク

そして短時間から徐々に長くして続けているうちに自然と習慣化してきます。

もし、留守中に、粗相をしたり、家や家具を噛んだりするのは、
大好きな飼い主が出かけてしまったためにストレスを感じ、
不安定な気持ちをまぎらわすためにおこる別離不安というものです。

最初は、テレビなどをつけっぱなしにしたりして、
あなたの愛犬が大好きなオモチャや、オヤツなどを与え、
少しでも寂しさをまぎらわすと良いでしょう。

あなたが外出から戻ったときに、静かに留守番ができていましたら、
落ち着いた態度で

「ありがとう、えらいね」

などと声をかけて、褒めてあげましょうね。

どんな犬でも、多かれ少なかれ、
留守番をしなければならない場面があります。

留守番することにすでに慣れている犬であれば、
飼い主は安心して外出できますが、
子犬を飼い始めたばかりの人にはトレーニングとそのコツを知る必要があるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけの教室・噛むなど:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/inunositukekyousitu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。