散歩のしつけ

犬の散歩しつけですが、
最初に飼主の左側を、飼主の歩く速度に合わせて歩かせることから始めます。最初に、あなたの愛犬を左足の側につけます。

スポンサードリンク

歩き始めたらあなたの腰の辺りを左手で軽く叩き、ここへ着いて来るように、と愛犬に注目させます。あなたの愛犬が正しい位置を歩いている時は、褒めてあげます。前に出すぎたり、離れすぎたりするようであれば、「ダメ」などと声をかけ、リードを引いてショックを与えることが大事です。

他の犬とケンカする犬は、潜在的な本能が原因の場合がありますので、散歩の途中で他の犬と出会いケンカの意思表示をした場合には、「ダメ」と強く命令し、この時もリードを引いてショックを与えます。

スポンサードリンク

子犬の時に人や他の犬に接する機会を積極的に与えてあげましょう。
喧嘩(ケンカ)をしない犬に育てるためにも社会性を身につけさせることが大切なのです。最初は愛犬を自分の家の環境に慣れさせます。そして子犬の内に、説教的に外に出して、飼い主以外の人間や犬に慣れさせたり、車などの騒音に慣れさせましょうね。

ひも(リード)には、鎖や革製、布製、そしてナイロン製のもの等があります。散歩時には、スナップつきの革製のものが一番お勧めです。ひもの長さは、端を持って手を上に伸ばし、地面に届く程度が丁度良い長さになりますので覚えておいて下さいね。もし、愛犬に強く引っ張られたり、暴れたりしたときには、決してはずれないように、ひもの先の輪を手首に通しておきましょう。

人や車が通る所では、ひもを短く持って、愛犬を自分の近くに置くようにしましょうね。
ほとんどの犬は散歩がトイレを兼ねているのが現状です。当然のマナーですが、排便をそのまま放置せずに必ず持ち帰りましょう。持ち帰る準備をすることを忘れないようにしてくださいね。

愛犬が排便(うんち)のしぐさをしましたら、お尻の下に新聞紙などを置けば、
道を汚さずに済みますので、これも準備して散歩にでかけましょうね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけの教室・噛むなど:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/inunositukekyousitu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。