犬のしつけ 噛み癖

あなたの愛犬の噛み癖(かみぐせ)をつけないためには子犬の頃から、
しっかりと、しつける事が大切です。まず最初は、痛いという事を悟らせることから始めましょうね。

スポンサードリンク

犬にとっては、噛むという行為は愛情表現の1つなのです。ですから、特に乳歯から永久歯に生え変わる頃は歯がむずがゆくて人にジャレて噛む行為をします。ですから、この時にしっかりとしつける必要があります。まずは噛んで良いもの(ペットショップなどにある、犬用のガムなど)を与えてあげます。じゃれて噛む行為をしてる時に、あやまって、あなたに強く噛んできた時には、口の辺りを叩いて、「イタイ」「ダメ」と強く言い、痛かった事を犬に悟らせます。

そして、人に歯を当ててはいけない事を教え、従わせます。手を噛まれても無視して噛むのをやめたら褒めてあげましょうね。裏返しにして、胸と首をおさえ、動けないようにして、低い声で「ウー」とか「フー」とか、犬の目を見ながら言う親犬が通常する行為や犬が「キャン」というぐらいの強さでつねる兄弟がする行動も非常に効果的です。「イタイ」と大声で言い、やめたら褒めてあげるなど様々な方法を試してみましょうね。

スポンサードリンク

あなたの愛犬が子犬の頃から、多くの人に接する機会を与え、他の人間との信頼関係を築かせる事も重要です。また、オモチャやタオルで引っ張り合いをし、物をわざと噛ませます。

これにより、物には噛み付いても良いが、人には決して噛み付いてはいけない、という事を教えます。子犬に噛まれても痛くないから許してあげるのは絶対禁止にしてくださいね。子犬のうちから、噛んでいいものと、噛んだらダメなものの違いを、しっかりと教えてあげましょう。

家具や机、服などをかじったりした場合も強い口調で鋭く命令し、かじった物を指して、「かじってはいけない」という事を、しっかりと教えます。犬は、どれを噛んでいいのか?どれがダメなのか?が、わかりませんから、覚えるまで根気よく教えてあげましょうね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけの教室・噛むなど:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/inunositukekyousitu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。