中古車のキャンピングカーやスズキなどの軽自動車(軽四輪)のキャンピングカーなども人気ですが、トヨタのハイエースなどは依然として人気が高いですね。またキャンピングカーの用品店などでパーツやアクセサリー等を購入し、改造を楽しむ方も多いようです。中には手作りで自作(制作)される専門業者(専門店)もありますが、レンタカー(レンタル)もありますので、それを利用しても良いです。お気に入りの車で、楽しい旅を楽しみたいものですね。

スポンサードリンク

キャンピングカー

●キャンピングカーの魅力の解剖
「キャンピングカー」とは、車の中で寝泊り(ねとまり)でき、生活ができる設備を搭載した車のことを一般的に指します。米国(アメリカ)の大型自走式車「モーターホーム」、牽引(けんいん)タイプの「キャラバン」「キャンピング・トレーラー」とも呼ばれていますが、日本ではこれらを総称して「キャンピングカー」と呼称されています。

「キャンピングカー」は、道路運送車両法により、特種用途自動車に区分されています。それにより「改造車」の意味合いで取られまして、日常的に頻繁に使うものではなく、「第2の車」という、贅沢なイメージから、以前、日本ではなじみの薄いものでした。

しかし1980年代にRV車(現在のミニバン、ステーションワゴン、と呼ばれているもの)の発売に伴いまして、家庭のレジャーに「キャンプ」や「アウトドア」がブームとなり、それが追い風で「日常的利用の車両でも(キャンピングカー)として登録できることができる」と、一般に知れ渡りました。

中古車やスズキなど軽自動車(軽四)なども現在は人気がありますが、カー用品店などで、パーツやアクセサリーなどを購入し、改造を楽しみ、また旅に出る方も多いようです。手作りで自作・制作される方もいます。そんな方は自分で修理までこなしています。

ちなみにレンタル(レンタカー)も人気です。トヨタのハイエースやエルグランドを借りる方もいますが、キャンピングカーのレンタカーの場合は、お近くのトヨタや日産、またマツダなどのレンタカー会社に問い合わせしてみてください。中古車を購入でしたら全国展開の中古車ガリバーで調べてみるのも良いでしょう。

また、団塊の世代の人々が定年退職後、余暇(よか)を過ごすため「キャンピングカー」の関心が高まりまして、日本でも徐々に「キャンピングカー」の認知度と需要が高まりました。「キャンピングカー」の車内には、寝室(しんしつ)、トイレ、シャワー、キッチン、冷蔵庫など、必要な設備を搭載しますが、
「構造用件」で厳密な規定のある必須なものもと自由なものもあります。

テレビ、ビデオ、DVDプレーヤーも豪華設備でしたが、最近では薄型テレビや5.1chの音響システム搭載(おんきょうしすてむとうさい)も人気があります。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

キャンピングカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/kyannpinnguka/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。