中古車でキャンピングカーを買う時の注意事項

キャンピングカーとは、車中で寝泊りできる設備がある車です。エンジンのついている自走式車は米国では「モーターホーム」と呼ばれる程、ほとんど住居と変わらない設備を持ち合わせてます。

スポンサードリンク

もうひとつの種類は車のエンジンはなくて、ヘッドの車で牽引するタイプの「キャンピング・トレーラー」があります。日本ではこれらを総称して「キャンピングカー」と呼ばれています。中古車のキャンピングカーは、デメリットもありますが、価格を始め、中古ならではの魅力も数多くあります。

しかし中古の車を買うときには、新車では心配のない、修理など、様々な面で注意を考がえる必要もあります。中古となりますとメリットよりも、デメリットの方が多いのは仕方のないのですが、「キャンピングカー」の場合は特に、メインの部屋などは、オーナー自身が自分の趣味に合わせて改装をすることが多いために、意外と目に付かない、壁や天井にねじ穴や傷が多いのが現状です。

これはアクセサリー用品などをつけた跡もあります。あなた自身が目的とする設備に優先順位をつけて、ひとつひとつチェックしていく方法もありますね。これは事前に、すべて紙に書き出しておくとわかりやすいですよ。

スポンサードリンク

内装はもちろんのこと、例えば、車検や、バス、トイレなどもそうです。ボディーの傷などの外見部分をしっかり見るだけではなく、ドアやトランク、ボンネットなど、開けられる部分、そして鍵を使うすべての箇所を実際に開閉してみる必要もあります。

改造してある場合もしっかりと見ましょう。エアコンの動作などもそうですよね。消耗している部分や部品、パーツなどをしっかり把握して、過去の修理歴や整備歴も確認しておいた方が良いでしょう。

また、年式が古いのに走行距離が少なすぎる車や、逆に年式が新しいわりに走行距離が多い車、相場よりも格安な車なども注意が必要です。購入時に良く理解して、しっかりと現状を把握した上で手に入れてくださいね。知り合いで車屋さんや、中古車に詳しい人と一緒に見た方が良いでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

キャンピングカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/kyannpinnguka/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。