マンスリーレオパレスは北は北海道から、南は沖縄まであります。もちろん、東京、大阪、京都、愛知県名古屋市などの首都圏には多くあります。レオパレス21の新学割プランも大人気で評判になっています。レオパレスの公式サイトでは、エリヤや沿線から物件を簡単に探すことが出来ますので便利です。また、キーワードを入力すれば簡単に検索することも可能です。

スポンサードリンク

マンスリーレオパレス

キーワードは、市町村や沿線、駅、学校、物件などから検索できます。尚、病院名でも検索可能になっているのは、必要な方にとっては、嬉しい機能だと思います。

それは、どうしても有名な医者にかかりたい場合などの場合、一定期間、その地域で住む場所を探すのに便利だからです。尚、短期間など、その場合はマンスリープランがありますのでそれを利用すると良いでしょう。レオパレス21のマンスリープランは、90日からの月単位(3ヵ月から以降1ヵ月単位)で利用可能だからです。

このマンスリープランの場合は、12ヵ月利用でのビジネスプラン(30日からの10日単位)30日分に比べて最大30.5%も割引になるうれしい長期割引制度になっています。家具や、家電、ネット環境もすべて揃っていますので、さらに体ひとつ、荷物一つだけで入居できますので本当に便利ですよね。

入居後に注意することは、マンスリーレオパレスは共同のアパートですので、深夜などは静かにすることです。それは、通常の一般糧でもそうですが、意外と隣の部屋の声が聞こえたりする場合もあるからです。以前、私もマンスリーレオパレスを借りていたことがありますが、会員カードも一緒に作りました。「レオパレスメンバーズカード」というものです。

これはソニーファイナンスと提携していたカードなのですが、2007年1月 31日に廃止になったようです。急な出費などの時に、非常に役立った思い出があります。尚、家具や家電などはついていますが、気になることは、布団ですよね。これも1室に1組付いています。しかし、私の場合は、どうしても気に入らなかったですので、布団屋さんに買いに行きました。

まくらなど、やはり自分に合ったものが良いですよね。ちなみに、参考ですが、よく眠れる、体にも良い枕の高さは6㎝がベストと言われています。低い枕の方が健康に良いです。

あとは、マンスリーレオパレスには、エアコンなども最初から付いていますので、本当に特に準備するものはない、と思いますが、「火事」だけは注意しましょうね。私もタバコの火で、床をこがしてしまった思い出があります。出るときにお金はかかりませんでした、というより、気づかれなかったと言った方が正しいかも知れません(汗)

注意するべきことは、最初に入居する際には、担当者と一緒に「キズ」などのチェックなどがあると思いますし、もし、なければ、担当者と一緒に「しっかりチェック」しましょう。それは、後日、部屋を解約する時になった時に、自分でつけていない「キズ」や「破損」などの料金を余分に取られない為です。

尚、水道の蛇口などを浄水器などで取り替えた場合などの備品は、「しっかり取っておきましょう」。もし、無くしたらこれも料金の請求になる場合もありますので注意しましょうね。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

マンスリーレオパレス:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/mannsuri-reoparesu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。