脳梗塞の治療と予防等について書きます。脳梗塞は前兆なく突然という場合もありますが、脱力やしびれ等の症状の前触れもあります。脳梗塞の初期症状では、ろれつが回らないなどの言語障害や視野に対しての異常なども挙げられます。脳梗塞が発症した場合、3時間以内の急性期は時間との闘いです。早めに専門医に行きましょう。また後遺症により看護も必要になりリハビリが必要になる場合、家族の方の心労も大変かと思いますが、それらについても解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

脳梗塞 治療

脳梗塞の原因は食事や運動不足、ストレス、喫煙など生活習慣から来る場合も当然ですが、様々な要素が絡み合って発症します。隠れ脳梗塞が40代の年齢になりますと4人に1人の割合と言われています。

現代の私たちは食事もそうですが、若いうちから薬などになるべく頼らない、またストレスも溜めない健康的な生活を送ることはもちろんのこと、生活習慣自体を見直し、脳梗塞や脳血栓、糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症などの症状が発症しないように予防することも必要不可欠です。

小脳梗塞について調べられる方も多いようですが、厚生科学研究班によるガイドラインに脳梗塞や小脳梗塞について書かれています。例えば、小脳梗塞治療法については減圧開頭術、脳室ドレナージ、また、高浸透圧剤など薬物治療、そしてそれらの治療の結果についても書かれていますので参考にされると良いでしょう。

頭痛などが異常に続き、CT、MRI検査される場合もあると思います。
そのMRI検査により無症候性脳梗塞、微小脳梗塞が見つかる場合もあります。これは隠れ脳梗塞ですが、既往や神経症状の異常が出ていない状態です。

そのように病院で診断された場合は、医者の指示に従うことはもちろんですが、長い目でみますと、後に脳梗塞になる確立も高くなりますので、その機会に生活習慣自体を見直していくことが大事です。

脳梗塞とは、ご存知の通り、脳の血管において詰まりがおきたりするものです。

ここで、アメリカで、ある日本人研究者が偶然発見した実験があります。

その日本人研究者はアメリカで、血栓を溶かす薬の開発を毎日していました。
ところが、何を思ったのか、その日本人の研究者は、ある日昼ご飯に「納豆」を食べていたのですが、その納豆の「ネバネバ」を血栓を溶かす実験の為の試験管に入れたのです。

・・・ここで、驚きの結果になることはもちろん、この研究者も知りませんでした。

なんと、納豆のネバネバ成分が、現在の血栓を溶かす薬の8倍のスピードで血栓を溶かした、という実験結果が出たのです。何故?この成分を血栓を溶かす薬に応用しないのか?・・・とい疑問がおきますが、原料が安い為に収益性に問題があるのではないか、という指摘もあるようです。。

私の知り合いで、次のような夫婦の方がいました。

旦那さんが、タバコを舐めるように毎日多く吸っていたので、その奥さんが、「あんた、そんなにタバコを吸いすぎると、そのうちに血管が詰まるよ・・・」と毎日言っていたそうです。

そして、その旦那は、数年後、その通りになりました。

人間は、言葉による恐怖心からくる創造的な心理的要因も考えなくてはならない時代に、既に突入しています。心理学の視点からみても、言葉による健康への創造性の影響力は明らかです。

タバコが血管が詰まらせる原因、という意味で言ってる訳ではありません。私たちは、他人に対して発する言葉、そして自分自身への信念もしっかり保つ必要があるでしょう。

次ページに進む前に一つ書いておきたい事があります。水を飲む量についてですが、医者との相談も必要ですが、水を一日2リットルは飲むようにすると健康に良いでしょう。アルカリイオン水は飲む必要はありません。

※ここに記述しています記事は著作権により保護されていますので引用にご注意ください。2009.1.15

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

脳梗塞 治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/noukousokutiryou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。