残尿感

尿もれが男性や女性、子供また大人を問わずにあるものにつきましては前ページでもお伝えしました。その原因も様々ですので、それらにつきましても前ページをご参考にして頂けましたら幸いです。病気そのものの場合は治療も必要ですが、体操で良くなってくる、というパターンもあるということですね。しかし、大事に至らないためにも、尿もれや頻尿がある場合は、病院で一度、診察してもらうことは大切です。その結果により理学療法や薬物療法、手術、また、病気でない場合は運動や体操を取り入れていくような結果になると思います。

スポンサードリンク

さて、残尿感について悩まれていらっしゃる方も多いかと思います。この残尿感につきましても尿もれや頻尿と同様で男性、女性問わずその症状はみられます。その原因を解説していきたいと思います。

残尿感の原因ですが病気の場合もあります。例えば、残尿感や頻尿、排尿痛、尿の濁りなどは急性膀胱炎による場合もあります。これは特に女性に多い病気です。

この症状は病院で抗菌薬をもらい、服用することにより回復してきます。なお、膀胱炎の場合、初期症状では、かゆみを伴ったりする場合もあります。また、血尿が出る場合は当然のことですが病院で必ず診察してもらいましょう。

これが急性膀胱炎でなく、慢性膀胱炎の場合は、前立腺肥大症等の原因による膀胱内の炎症の症状も考えられますので病院で診察を受けることを先決する必要があります。

この慢性膀胱炎の場合は、自覚症状が比較的に無症状的に軽度の場合もありますが、症状としましては、残尿感や頻尿の症状があることはもちろんのこと、その他の症状では、下腹部の不快感や腰痛の症状などがあげられます。

ところで、女性の場合、膀胱炎なども多い症状ですが、男性の場合でも残尿感や尿の切れの悪さを感じる方症状の方も多いです。これらの症状は最悪の場合、腎性高血圧など腎臓にかかわる病気につながる場合もありますので、泌尿器科や循環器内科でなるべく早めに診察してもらいましょう。なお、腎臓に関することは腎臓内科になります。

スポンサードリンク

次に性病と残尿についてお話します。
性病でクラミジア尿道炎という症状は意外と多いものです。そのクラミジア尿道炎等による合併症により、後遺症として前立腺炎をおこす場合があります。

その場合に「残尿感」という症状が現れます。このパターンの場合、残尿感の他に自覚症状としましては、頻尿や会陰部痛、下腹部の不快感などがあります。

なお、前立腺炎の炎症により出血した場合は精液に血が混じる場合もみられます。いずれにしましても異常を感じた場合は早めに病院に行きましょう。

性病について話が及びましたので、ここで性病検査についてお話しまます。性病と言えば、通常は病院に行き検査してもらいますが、最近は性病検査キットでSTD-12という製品が売れています。

この性病検査キットは、郵送で検査結果が確認出来るもので検体到着後4日で確認可能になっています。わざわざ病院に行かなくても、ご自宅で検査が終了可能ですので人気があるのですね。

nyomorezannnyoukann2.jpg

上記の性病検査キットでは、次の検査が可能です。クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダ、梅毒、HIV、B型肝炎、C型肝炎、HPV、子宮頸がん、クラミジア(のど)、淋病(のど)です。

この性病検査キットでの検査結果の確認方法は、ご自身の携帯やパソコン、また郵送の3つのパターンから自分で選べますので非常に便利ですので、利用してみても良いでしょう。

尿路結石や腎結石などでも、残尿感や頻尿、また血尿や吐き気等の症状が現れます。これらの病気は男女関係なく、また年齢も関係なく増えています。また、最近では子供さんでも残尿感があるということで病院に行かれる方も増えています。

残尿感については、病院にいきますと残尿測定で超音波検査(エコー)などをおこなったりしますが、状態がよろしくない場合は手術が必要な場合もあります。

万一、手術や入院の場合には、家族の方の看護も大変かと思いますが、様々な治療法により改善に向かっていきますので、どんなことでも早めの対処が必要です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

尿漏れ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/nyoumore/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。