リビングスタイリストとは、ビジネスマナーと接客販売に重点におき、インテリア、住宅、リフォーム、家具など、住生活用品の販売を行う際の接客販売の専門家のことです。お客様との接客に際し、ビジネスマナーの常識を身につけることはもちろん重要です。しかしながら、スポーツ選手が良い成績を残すのと同様、企業は売り上げを上げることが仕事です。 商品の売り上げを上げる為にはビジネスマナーだけでなく、お客様の心理を理解し、接客するように心がけることが必要です。お役所仕事のような接客では、「日本経済が破綻するまで動きつづけるリアルタイム財政赤字カウンタ」http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.htmlというHPがありますが、当然のことながら遅かれ早かれ破綻がきます。 リビングスタイリストは、今後、百貨店やホームセンター等の売り上げを上げていく知識を得る為の社員研修としても最適ですし、お勧めです。

スポンサードリンク

リビングスタイリスト

リビングスタイリストの資格試験は、特定非営利活動法人 日本ライフスタイル協会
東京都新宿区西新宿7-16-6 TEL.03-5332-5125が主催しています。

日本ライフスタイル協会は、住生活産業界の発展を願い2003年3月25日に設立され、翌年2004年1月5日に特定非営利活動法人となりました。

設立後、寝装リビングタイムス紙、「すごい検定258」((株)テクスト発行・(株)興陽館発売)などに掲載されるなどし、2008年には、2級リビングスタイリスト資格試験の志願者数が10,000名を超えるまでになった、人気急上昇中の資格試験です。

インテリア、住宅、リフォーム、家具など、住生活用品の販売で、百貨店やホームセンター、リフォーム業界に就職を検討されていらっしゃる方は、今後この資格が就職活動で有利になる武器の一つになるでしょう。

2級の試験の合格率は現在80%前後になっていますが、まだ新しい資格ですので難しくならない内に挑戦しておいて決して損はないでしょう。

その証拠に、平成17年度は講習形式による資格試験。平成18年度より筆記試験形式。平成19年度団体試験を実施し、その合格率は下がっていった経緯があるからです。

平成20年度は少しあがりましたが・・・。今がチャンスです。
知識を身につけ、その後経験を積めば、それらは一番重要な「知恵」に変わります。
知る→わかる→出来る→習慣にする、の順番です。

尚、「2級リビングスタイリスト資格試験公式テキスト」は日本ライフスタイル協会編集(株)ハウジングエージェンシー発行で定価1,890円(税込)で販売中です。

また、株式会社ハウジングエージェンシー出版局が、「1級・2級リビングスタイリスト資格試験過去問題徹底研究」のリビングスタイリスト資格試験の問題集を発行出版しています。

ちなみにこの出版局は、インテリア・住宅・リフォーム業界のトータルカンパニーです。

リビングスタイリストの合格発表や解答速報は電話などでは受付していません。後日、成績票・合格証が発送されます。

話は少しそれますが、アメリカでは、米国プロフェッショナル・オーガナイザー協会NAPO、収納アドバイザー(収納オーガナイザー)という資格があります。

この収納アドバイザーの資格を取得し、先行している個人業者の方がテレビで話題になりまして、現在大繁盛しています。この収納に関する仕事は、まさに、収納で悩む、現代のお客様が求めていたサービスなのですね。

今後は、このような資格も、業界の活性化につながりますし、リビングスタイリストだけに限らず、「住生活」に関する、「様々な豊富な知識」を身に付け、そして「経験」を積むことは、今後、必ずあなたの役に立ち、その価値を見い出す時がくるでしょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

リビングスタイリスト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/ribinngusutairisuto/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。