ダイソン(dyson)の掃除機dc08t/dc8/dc12/dc22/dc24等~新製品の話題。ダイソン(dyson)の掃除機はテレビショッピング通販のプライムショッピング、日本直販、ダイレクトテレショップ、ショップジャパン、ショップチャンネルなどでも大人気です。特にdc22 ddm・dc12 entry・dc12 plus・dc24などは人気が高いようですがアレルギー等で心配の方にもDC08petproなどダイソンの掃除機はおすすめです。

スポンサードリンク

掃除機 ダイソン dayson

ダイソン(dayson)の掃除機がテレビショッピングの通販でも大人気ですよね。深夜にテレビショッピングの番組を見ているとスグ欲しいと思ってしまいます。

ダイソンの掃除機の魅力は「吸引力が落ちない」ですとか、「排気が綺麗」ですとか、「壊れないで長持ちする」など、様々な口コミの評判がありまして、使えば使いこむ程、そのダイソンの魅力が良く解るようになるのだそうです。それでは、そのダイソンの掃除機の魅力に迫ってみたいと思います。

ダイソンといいますと日本では、掃除機の代名詞のようになっていますよね。まるでかつてのウオークマンのようです。ダイソンは、ジェームズ・ダイソンという方が創業した会社の名前です。

ちなみにダイソン・リミテッドという会社です。このダイソン・リミテッドが研究開発そして製造している掃除機、それがダイソンの掃除機です。何故、これだけ、ダイソンの掃除機に人気が集まるのでしょうか?そのの秘密は、いくつもあります。その中でも一番大きな人気の理由は、「紙パックが要らない」というところにあります。

昔から、日本の電化製品である掃除機の主流といいますと、紙パックが必要で、ゴミが貯まればそれを捨て、紙パック代も必要でした。結果、今までの概念では、掃除機を買っても、紙パックにお金がかかっていたのですよね。ですから、その分、余計な出費が重なっていたのと、環境にももちろん良くありませんでした。

そんな中で、ダイソン社はイギリスの市場で、当社の製品は他社と違い「紙パックの買い替えが不要である」ということを訴え続けたのです。これは画期的でした。

ダイソンの掃除機は、基本的にデュアルサイクロン方式を採用しています。ですから、従来の掃除機と違い、吸引力が落ちることがないのです。これも画期的な発明でした。その一方で、一般の消費者の方達に取ってみれば、「吸引力が落ちることがない」と、その優れた吸引力良さを、いくら説得しても中々受け入れがたいものがあったのでしょう。

一般の消費者がダイレクトに心に響く言葉は、「紙パックは、もういらない。お金がもうかからない」
だったのです。この言葉が一般の消費者への人気に拍車をかけたようです。一方、ダイソンの戦略も見事なものでした。それは日本向け用=日本人に好まれるデザインにした掃除機を売り出しました。この戦略により、日本で大変な掃除機ブームを起こし、今までの掃除機の概念をくつがえしたのです。

日本での発売依頼、その後、数年が立ちますが、ダイソンの掃除機の人気は決して衰えることなく、2008年にはダイソン掃除機の販売累計台数は100万台を突破しました。それは、ダイソンの掃除機が「本物である証」と言えましょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

掃除機 ダイソン dayson:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/soujikidaisonn/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。