掃除機 dayson dc12 plus

ダイソン(dayson)の掃除機クリーナーには、いくつかのモデルがあります。その中でここでは、2004年に発表そして発売が開始されたダイソンのdc12について、その人気の秘密に迫ります。

スポンサードリンク

ダイソンのdc12の中にも、実はいくつかモデルがあります。モデルにより、性能がそれぞれ違うのですが、本体の色が白(ホワイト)や赤(レッド)のdc12は、モーターの寿命が7~8年となっています。

掃除機本体の色が紫、また黄色のdc12は、万一、故障など内部に異常があった場合に自動で感知してくれます。さらに、モーターの寿命は14~15年はという高耐久性のデジタルモーターを搭載しています。

いずれにしましても、一般で市販の掃除機より、十分な耐久性があり長持ちするということですよね。このdc12の他の特徴は、収納するのに場所を取らないということもあります。

収納も、ホースを丸めれば、なんとA3用紙の大きなになってしまうコンパクトさです。従来の市販の掃除機が、押入れの中でジャマになっていたのが嘘のようですよね。

スポンサードリンク

このdc12の吸引力についてですが、紙パック方式の掃除機の方があるようです。それは何故かといいますと、ダイソンdc12のようなサイクロン方式の掃除機は、力強く一気に吸い上げることはしません。

ですから、dc12 掃除機のヘッドを何度も繰り返し動かすより、ゆっくりと動かしながら、じっくりかける方が、集塵力が発揮されるようになっています。

付属品は、すきまノズル、ブラシノズル、T字型ノズル、の3種類のアタッチメントが付いていますので、あなたが掃除する場所に応じ、使い分けが可能ですので便利ですよね。

2007年にdc22シリーズが発表、発売された時、販売が終了になったdc12ですが、日本でのダイソン製品の累計販売台数が100万台を突破した記念に、ダイソンのdc12は日本市場向けにデザインされた人気モデル「dc12プラス タービンヘッド」として、復活しました。

ダイソン「dc12 plus タービンヘッド」は、特許技術であるルートサイクロン方式の吸引力はそのままに、洗浄・交換の必要がないHEPAフィルター(ヘパフィルター)も採用した大人気商品となっています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

掃除機 ダイソン dayson:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/soujikidaisonn/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。