がん(癌)保険(がんほけん)のひかく・ランキング、おすすめ生命保険(せいめいほけん)などを取り上げていきます。アフラック(アメリカンファミリーaflacあふらっく)のスーパーがん保険・新がん保険(現在フォルテ)、女性がん保険は、終身、医療保険(いりょうほけん)も含め、掛け金も安く依然人気がありますが、アリコジャパンやチューリッヒ、AIG、東京海上、日本生命、ソニー生命などもあります。また最近では介護保険なども人気です。あなたが保険料など金額的にも入れる保険を見積もりしてみましょう。

スポンサードリンク

がんほけんのひかく(あふらっく・ありこ・チューリッヒ・フォルテなど)

癌には様々な種類があります。現在では抗がん剤治療もありますが、主な種類は、肺がん・乳がん・子宮がん・大腸癌・前立腺がん・直腸がん・子宮癌などです。抗がん剤(こうがんざい)は副作用の心配もありますが、現在では末期がんの方でも様々な治療法も確立されてきています。

早期発見治療(そうきはっけんちりょう)では絶対に治らない病気ではありませんので、現在がんと診断された方もあきらめないようにしましょう。尚、がんになってから入れる保険はありません。健康なうちに無料で資料請求(しりょうせいきゅう)をして検討しましょう。

私たちの国では1980年以来、日本人の死因トップを走り続けていつのが癌(ガン)です。2015年には2人で1人が、がんで死ぬようになるとも言われています。いつ誰が癌になってもおかしくない状況になっていますから、万が一癌になってしまった時の備えをしておく必要があります。

その様な理由から、がん保険加入はいまや常識になってきました。癌の種類は以下のように多くあります。・喉頭癌 ・子宮がん ・子宮頸がん ・大腸がん ・乳がん・すい臓がん ・卵巣がん ・肺がん ・小児がん、などです。癌保険が初めて日本に登場したのは1974年です。外資系の保険会社「アフラック」が将来の、がん社会を見通しまして、最初に、がん保険の発売を始めました。(現在アフラックは、フォルテなどもあります)

がん保険の販売は規制により長らく外資系保険会社が独占していまして、アフラックが販売シェア85パーセントを占めていた時期もあります。それが2000年の規制緩和とともに、日本の保険会社もこぞって、がん保険市場へと乗り出しました。今、がん保険は保険業界のキー商品となっているのが現状です。

取り扱う保険会社が増えたことで、がん保険は厚遇化が進みました。激しい競争の中、各社が個性を打ち出しまして、消費者にとって、よりうまみのある商品を販売しています。また、それにより、選択の幅も広がりました。がん保険は対象を癌に絞り込んでいるため、医療保険よりも保険料の負担がずっと少なくて済むようになっています。それでいて、癌と診断された時には大きな保障を享受できるようになっています。

いまや癌保険は入らないと損!といったところにまできています。まだ若く、働き盛りの人は癌保険の必要性をいまひとつ感じ取れないと思いますが、そういった人にこそ入ってほしいのが、がん保険です。
癌はなんの前触れもなくやって来るのですから、事前に準備しておいて後悔はないと思います。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

スーパーがん保険と各社比較:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/su-pa-gannhokenn/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。