アフラック(アメリカンファミリー)のがん保険

がん保険の雄、一番人気のアフラック(アメリカンファミリー)。日本にがん保険が始めて紹介されたのは1974年です。それはアフラック(アメリカンファミリー)によってだといわれています。

スポンサードリンク

その後、アフラック(アメリカンファミリー)はがん保険市場を席巻しました。制の助けを借りてではありますが、85パーセントものシェアを誇っていた時代もありました。今でもその名残はあり、
がん保険といえば、スーパーがん保険・新がん保険(現在フォルテ)そしてアフラックというイメージが強く根付いています。

アフラックのがん保険の特長は、手厚い保障です。初めてがんと診断された場合には100万円の一時金が、がん治療のための入院・通院は1日目から1万円が支払われます。特約(特約MAX)をつけることでがん以外の病気やけがにも対応。また、がんと診断された後、1年目から5年目まで「ライフサポート年金」が支払われるため、再発への備えも万全になっています。ただしこれは、被保険者が生きていることが条件です。

スポンサードリンク

アフラックのがん保険では金銭面以外のサポートも充実しています。万一、がんと診断された場合、看護師経験のある専門のカウンセラーによる面談サポートを受けられます。

自分が、家族ががんだと知った衝撃は決して小さくはありませんよね。ですから、カウンセラーはそんな悩みや不安を、直接顔を合わせて聞いてくれます。また、看護師としての経験から、医師との接し方、医師に確認しておくべきことなどをレクチャーします。

さらに、病院探しのお手伝いまでフォローしてくれます。病状に合わせて医師を紹介してくれる「ベストドクターズサービス」は、セカンドオピニオンとしても利用可能になっています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

スーパーがん保険と各社比較:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/su-pa-gannhokenn/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。