スタンダードプードルのブリーダーは、子犬(仔犬)を繁殖目的を持ってブリーディングしている専門家のことですが、仔犬の出産はやはりしっかりとした情報を得ることが大切です。このブログではスタンダードプードルの里親、出産などの情報をお伝えします。インターネットで、スタンダードプードル(プードル・スタンダード)の里親募集、出産などのキーワードで調べますと多くの情報があります。

スポンサードリンク

スタンダードプードル

プードルは、その大きさにより、「FCIの基準」により、「トイ」「ミニチュア」「ミディアム」「スタンダード」の4種類に分類されています。

ちなみにFCIとは、世界77カ国が加盟する国際畜犬連盟のことです。本拠地はベルギーのトゥアンにあります。1911年にドイツ、オーストリア、ベルギー、フランス、オランダの5カ国で設立されました。

世界77カ国が加盟する国際畜犬連盟(FCI)が認定するアジア地域最大のドッグショーなどがあり、犬のビューティーコンテストのドッグショーは、社団法人ジャパンケネルクラブで実施されているだけでも全国で年間約300回も開催されています。

さて、スタンダードプードルの話に戻りますが、現在、日本においては最も小さいトイ・プードルの人気が高い中、やはりスタンダードプードルの人気もあります。スタンダードプードルは、ジャーマン・シェパード・ドッグに匹敵するほど、とても賢い犬です。

スタンダードプードルは、もともとフランスが原産と言われていますが、フランスやイギリスなどで小型化を重ね、ミニチュアプードルやトイプードルが生み出されたそうです。ですから、プードルの4種類に分類された中で、スタンダードプードルが大本になります。

ちなみにプードルという名前は、ハンターが、川に撃ち落された水鳥を回収することで大活躍していた事から、ドイツ語で「水が跳ねる」という意味で「pfugel」と名付けられた経緯があります。

スタンダードプードルの里親募集ですが、ネットで調べますと、募集終了を含めまして、20万件以上のホームページがあります。色々なサイトを見て慎重に決めることも大事ですが、すぐに募集が終了しまうことが多いです。

通常のホームページですと、検索エンジンに出てくるまでに時間がかかりますから、ブログの検索や掲示板を利用すれば早いです。

出産情報ですが、全国の優良ブリーダーからスタンダードプードルの子犬の出産情報を集めて販売しているサイトもありますので、そのようなサイトで絶えずチェックすることも良いでしょう。ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで調べますと、交配や育て方などの情報も沢山出てきます。

尚、これからスタンダードプードルを飼われる方は、大切な家族です。ジステンパーやインフルエンザなどの病気に感染するのを防ぐために、定期的な予防接種は必ず受けてあげましょう。また、鼻や目、耳、口など、通常と違う症状があり、病気ではないか?と思ったら、すぐにかかりつけの獣医さんに相談しましょう。

スタンダードプードルは非常にプライドも高く、また賢い犬です。子犬の頃からの「しつけ」も大切ですが、家族の一員でもあります。トリミング、手入れなどもしっかりやり、精一杯の愛情を注いで育てましょうね。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

スタンダードプードル:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/sutannda-dopu-doru/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。