光ファイバ接続サービス、テプコ光(テプコひかり・TEPCOひかり)は2005年10月13日に、KDDIと東京電力が通信事業において提携しました。この提携により、2006年6月1日からサービスが本格的開始されました。これにより、東京電力が独自に提供してきた「テプコ光」は、2007年1月1日にKDDIに統合され、テプコ光から「ひかりone」に名称をが変わりました。

スポンサードリンク

テプコ光ひかりone

東京電力グループの株式会社テプコシステムズ(TEPSYS)と、株式会社ファミリーネット・ジャパン(FNJ)は、両社が展開中の「マンション向けインターネットサービスプロバイダー事業」(マンションISP事業)が平成21年1月1日に統合されます。

東京電力グループは、この統合によりまして、約12万世帯の顧客を抱えることになりまして、ISP事業者としては業界で最大級になります。詳しい問い合わせは、株式会社テプコシステムズ ブロードバンド推進部、及び、株式会社ファミリーネット・ジャパン管理グループになります。

「ひかりone」は、ネット・電話・TVの3つのサービスを光ファイバー1本の回線で利用可能です。回線の速度は、光ファイバーですので、上り下りが最大1G bps の高速インターネット化を実現しています。

動画の視聴・ダウンロードや、オンラインゲームも快適に楽しめますがやり方がわからない場合は検索エンジンなどで調べれば沢山出ていますから安心です。尚、もちろんこの、「ひかりone」は、ADSLよりも回線スピードは断然早くなります。

テプコ光から名称変更し、東京電力とKDDI共同で新たにスタートした、「ひかりone」のネットワークサービスは、au(KDDI)の高品質な光ファイバーネットワークを使用しています。従来のADSLのように、電話局から自宅までの距離により、「通信速度に影響が出る」ということもありません。結果、「ひかりone」は常に安定した高速なインターネット環境となります。

ひかりoneは、複数のプロバイダに提供しています。今、あなたがお使いの回線でも使用することも可能です。現在では、ニフティ、TCOM (マイアットティーコム) 、ASAHIネット、auonenet、BIGLOBE(ビッグローブ)、DTI、So-netなどで利用可能です。尚、引越時に解約したい場合はその旨伝えればOKです。

「ひかりone」は、電話番号、電話機はそのまま変える必要もありませんし、月額基本料や通話料も安くなります。月額の基本料は、ネットサービス+525円のみです。NTT基本料を支払う必要もなくなります。電話料金ですが、 全国全時間一律8.4円/3分になり、 NTTの基本料1785円は不要になります。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

テプコ光ひかりone:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/tepukohikari/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。