蓄膿症の治療は薬や手術の方法もあります。原因は様々ですが、蓄膿症は鼻水がのどに流れる症状や、濃い鼻汁が多く出たり、鼻詰りや悪臭の臭い、頭痛をともなったりします。また、思考力や記憶力の低下が見られることもあります。漢方薬を服用される方もいます。慢性の副鼻腔炎を蓄膿症といいます。最近は加湿器病というのもありますが蓄膿症の方は加湿にも気を付けたいですね。

スポンサードリンク

蓄膿症

大人に限らず、幼児や子供さんがアレルギー性鼻炎という方もいらっしゃいます。アレルギー性鼻炎とは、wikiなどにも詳しく書いてありますが、くしゃみや鼻水、鼻づまりがおきる症状です。

スギやヒノキなどによる花粉症、また、ヨモギ、カモガヤ、ブタクサ等の影響による「季節性アレルギー性鼻炎」と、ダニやハウスダスト、また、猫や犬などのペットの毛等が原因による「通年性アレルギー性鼻炎」があります。

アレルギーを起こす原因となっている物質を通常「アレルゲン」と言われていますが、このアレルゲンが鼻に入り鼻づまりの原因になっています。

プールに入り、塩素アレルギーなどになる方もいます。通常は人間の本来持つ力があり、くしゃみや鼻水により、このアレルゲンが体の外に追い出されるしくみになっています。

しかしながら、このアレルギー性鼻炎がきっかけになり、体力や免疫力が弱く、その後、蓄膿症の病気になる方もいらっしゃいます。

この結果、微熱や倦怠感、頭痛を引き起こしたり、思考力や記憶力の低下につながったりしてくるのです。

早めに耳鼻科や小児科等の病院へ行き、レントゲンや、血液検査をしてもらい、適切な治療法を施してもらう必要があります。なお鼻うがいは炎症を防ぐ効果がありますのでおすすめです。

鼻血が出る場合は高血圧でない場合は、花粉症に起因する鼻粘膜が炎症を起こしている場合がありますが、そのような場合はレーザー手術により粘膜を焼くことにより改善します。

蓄膿症の症状の一つですが、鼻水がのどに流れ、喉に痛みを感じる方もいまして、また、それが口臭の原因になったりしている方もいます。

この口臭ですが、必ずしも蓄膿症が原因とも限らない場合もありますので内科などの病院でそれらも一度検査してもらうと良いでしょう。

診察結果により、蓄膿症の治療手術をする必要があることもあります。近くに蓄膿症の名医さんがいれば、そのような先生にみてもらえば安心ですね。

急性の蓄膿症では、治療薬である抗生物質を服用します。なお、この急性の場合は早めに治療すれば早く良くなりますが、ほったままにしておいたり、完全に完治させない場合は慢性化しますので注意が必要です。

風邪による鼻水と蓄膿症と間違えない為にも、心配な方は早めに病院へいきましょう。

なお、歯が痛い場合は、蓄膿症が原因になっている歯痛があります。これは、蓄膿症の手術後に膿みが溜まり髄炎を発症しまして痛もことがあるということです。この場合は、膿みと取る手術も必要になります。

蓄膿症の民間療法は色々ありまして、蓄膿症や歯槽膿漏に効くと言われている、なた豆茶や小青竜湯を飲んだり、漢方薬を接収したりする方もいらっしゃいますが、結果が出てきたとしてもかなりの時間が必要でしょう。

一方で蓄膿症の市販薬では、小林製薬さんの生薬主体の「チクナイン」という薬などがあります。蓄膿症の辛い症状を楽にしながら、症状を改善していく内服薬です。

現在はネットで手軽に購入可能ですが、このようなしっかりとした製薬会社の製品でしたら、その他の大手の会社のものでも安心出来るでしょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

蓄膿症:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/tikunousyou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。