やせる薬では、「痩せる薬」とも言える「薬膳」について解説します。「ダイエット」の為の薬膳レシピも種類も豊富にあります。薬膳火鍋(薬膳鍋)、薬膳料理、カレー、中華などです。銀座にある薬膳火鍋料理専門店なども人気ですが、痩せる為の薬膳だけではないですが、マスターすれば、多くの悩める方の良きアドバイザーにもなれます。

スポンサードリンク

やせる薬とは

痩せる為に薬膳を何故、勧めるのかといいますと、ダイエット効果があるからです。さらに、日々の疲れを癒し、美容と健康を促進しますし、消化も大変良いこともわかっていますので、多くの女性が悩んでいる、「便秘解消」にも効果があります。

自然なもので効果がありますから、薬膳は、日本でもこれからも、もっと話題になっていくでしょう。ダイエットの為に化学薬品などを一切使うことなく、無理なくダイエット効果が現れてきます。

また、薬膳の中にある一つのウコンの効果、特に春ウコンについては糸川秀治(東京薬科大学)らによる解明により、科学的にもその効果があることが証明されています。

最近の研究で「薬膳」は、慢性C型肝炎を含む肝臓病やガン、糖尿病への効果に期待が寄せられていますが、その他、生理不順や動脈硬化、高血圧症、低血圧症、血中コレステロールの抑制作用、さらに体内の活性酸素を除去する抗酸化作用、髙脂血症の改善、など、多くの期待が寄せられています。

薬膳は、この「うこん」だけではなく、みょうが、しょうが、どくだみ、桑(くわ)、大豆、おくら、貝割れ大根、にがうり、きくらげ、むかご、黒米、あけび、はと麦、シジミ、菱(ひし)、アロエ、ナツメ、高きび、モロヘイヤ、梅、にんにく、よもぎ、山椒など、本当に多くの食材があり、

それらを組み合わせた食事を取っていくことにより、化学薬品のように副作用の心配がまったく無く、無理なくダイエット効果が現れてくるのと同時に、ストレスが溜まった日々の疲れを癒し、私たちの美容と健康を促進してくれる作用があるものばかりです。

薬膳の中には、抗コレステロール作用、リウマチ、神経痛、冷え性、保温作用、などに効果が期待されているものもあり、その効果効能への研究、そして期待が高まっています。例えば大豆などもそうです。大豆に含まれるリノール酸は、コレステロールを洗い流す作用があり、高脂血症の予防にもなります。

また、大豆サポニンは、体内で脂質の酸化を抑制し、代謝を促進します。それにより、コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあります。尚、血管に付着したコレステロール、中性脂肪を洗い流す作用があるのはレシチンです。

食材に多くの自然の果物や野菜、魚も取り入れ、私たちの生活に「薬膳」を取り入れた生活をしていけば、ダイエット効果だけでなく、毎日がすがすがしく、健康で長生きの出きる人生を歩んでいくことが出来るでしょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

やせる薬とは:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/yaserukusuri/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。