薬膳鍋(薬膳火鍋)

薬膳料理といえば、薬膳火鍋(薬膳鍋)ですね。レシピも豊富にあります。日本人の大好きなカレーや中華などです。家庭で料理して作っても良いですし、銀座にある薬膳火鍋料理専門店なども人気です。健康になる為のダイエットにも様々な方法があります。

スポンサードリンク

薬膳火鍋の作り方ですが、専門のサイトで様々な情報がありあすので、そちらで調べるか、本で研究しながら料理するのが一番良いでしょう。

ネットですと、All About 
http://mrs.allabout.co.jp/contents/mrs_g1_gs_c/homemade/CU20061227A/index2/
などで、「白ワインたっぷりの薬膳鍋」の詳しい作り方が書いてあります。

使用する材料ですが、せり、シナモン、ニンニク、ショウガ、とうがらし、黒粒コショウ、松の実、グローブ、スターアニス、ターメリックなどを使います。上記に使う材料の「薬膳の効果」ですが、例えば、「松の実」は、脂肪やミネラル、ビタミンB1、B2、B6、E、食物繊維が豊富にあります。

上記で気になる言葉の「脂肪」は、「不飽和脂肪酸」です。それはなにかと言いますと、抗コレステロール作用があり、動脈硬化を予防する働きがあるのです。

スポンサードリンク

さらに「松の実」に含まれているビタミンには、美肌作りにも有効な成分なのです。ビタミンB6は、タンパク質を代謝するのに欠かせない成分です。マグロやサンマなど魚類、肉類、レバー、鶏卵などに含まれています。

この成分が不足しますと、皮膚炎や多発性神経炎、動脈硬化性血管障害、貧血、などの原因になりますので重要な栄養素なのです。また、ビタミンEは、抗酸化作用で老化を防ぎ、便秘解消にも効果があります。

このように「松の実」だけでも多くの薬効がありますが、さらに多くの材料を加えることによりまして、私たちの栄養に欠かすことが出来ない、体に良い料理を楽しめます。さらにこのメニューでは、「白ワイン」をたっぷり使用します。ワインは、抗酸化作用のあるポリフェノール類が豊富に含まれています。

この成分が低比重リポタンパクの酸化を抑えまして、虚血性心疾患の原因となる動脈硬化を予防するといわれており、フランス人が、物性脂肪を多く摂取しているにも関わらず、他の諸国に比べて虚血性心疾患による死亡率が低いのは、このせいだと言われています。

薬膳料理はダイエット効果もあり、本当に健康にも良いですよね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

やせる薬とは:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://w-ps.sakura.ne.jp/yaserukusuri/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。